兜射貫き・弓道「正法流」開祖 吉田能安 門下生・山崎誠のHP

keireki.jpg

syoukai01.gif

山崎 誠

syoukai02.gif

正法流 紫鳳会 教士 七段

範士八段.jpg

正法流 紫鳳会 範士八段

範士.jpg

八段.jpg

keireki01.jpg

能安先生・私と両親

keireki04.jpg

小学校2年生頃の私


山崎 誠の歩み

○ 昭和26年 1月 青森県三戸町に生まれる
○ 昭和48年 3月 桜美林大学文学部卒業
○ 昭和48年 4月 八戸市立第一高等学校教諭
○ 昭和53年 4月 青森県立南郷高等学校教諭
○ 昭和59年 1月 正法流紫鳳会 教士六段
○ 平成 6年 4月 青森県立田子高等学校教諭
○ 平成13年 4月 青森県立南部工業高等学校教諭  
○ 平成18年 8月 民間企業数社に勤務
○ 平成23年 3月 ヤマサン山崎商事創業
○ 平成27年11月 正法流紫鳳会 教士七段
○ 平成30年11月 正法流紫鳳会 範士八段

主な役職

現 三戸郡弓道協会会長
   (昭和63年~在任中)
元 糠部神社(南部藩祖を祀る)総代
   (平成21年~平成30年)
元 桜美林大学弓道部監督
   (昭和48年~昭和53年)
元 青森県高等学校教育研究協議会外国語部会事務局長
   (昭和59年~昭和61年)
元 青森県高等学校国際理解教育研究協議会事務局長
   (昭和59年~昭和61年)
元 生徒指導部長
   (南郷高・田子高・南部工にて通算16年)
元 青森県高体連弓道専門部副委員長
   (平成 2年~平成13年)
元 ギルロイ市(アメリカ)夏季研修派遣団団長
   (平成 7年~平成 8年)

syoukai03.gif

生まれ育った三戸町を、名久井岳のふもとから望む

         三戸盆地。中央に城山、その両側を流れる熊原川と馬淵川。
         南部公がこの自然の要塞に着目し、城山に築城。爾来三戸は
         南部藩の城下町として栄える。現在は、三戸盆地の気候の寒暖
         差を利用し、豊富な果樹が栽培され、果樹の一大産地の名を
         不動のものとしている。